子育て

【双子育児】ワンオペお風呂はもう怖くない!双子ママが手順を紹介

意外と簡単!ワンオペ入浴
ごまおくん
ごまおくん
双子ちゃんのお風呂ってママさん一人でできるの?
バナナちゃん
バナナちゃん
二人同時だから、一人で見るのは大変!!パパの協力が欲しいところね…。

こんにちは、はまりあです。双子の女の子と年子の男の子のママです。
双子ちゃんのお風呂はママにとって、夜泣きに次ぐ、憂鬱の種です。それがワンオペとなるとなおさら。旦那様に手伝ってもらえない状況は必ずどのご家庭でもあると思います。でも大丈夫です!事前の準備と便利なアイテムと少しの工夫で、ワンオペお風呂を難なく克服しましょう!

この記事を読むと…

・双子ちゃんのお風呂の事前準備の仕方が分かる!

・入浴中に待っている子はどうしたら良いかが分かる!

・赤ちゃんのワンオペお風呂のコツが分かる!

ワンオペお風呂は怖くない!(事前準備編)

①お風呂の準備(入浴で使うもの)
・ベビーバスにお湯をためる
・沐浴剤
・沐浴布(沐浴中に体にかける布)
・ガーゼ(入浴中に赤ちゃんの体を洗う布)

②お風呂をあがった後の準備(入浴後使うもの)
・バスタオル
・保湿剤
・お着替え(肌着、バスローブ、オムツ等)

①お風呂の準備(入浴で使うもの)

まずは、安全に迅速に赤ちゃんをお風呂に入れるための準備をしましょう!

①は恐らく皆さん、事前に準備されますよね。

・ベビーバスにお湯をためる
・沐浴剤
・沐浴布(沐浴中に体にかける布)
・ガーゼ(入浴中に赤ちゃんの体を洗う布)

②お風呂をあがった後の準備(入浴後使うもの)

重要なのは②お風呂をあがったあとの準備をしておくです。

更に重要なポイントはお着替えの準備。
赤ちゃんが湯冷めしないよう、体を拭き、保湿クリームをつけたら、素早く肌着を着せてあげられるよう、肌着とその上に着せる服(肌着の重ね着やバスローブ、ロンパース等)に袖を通しておくということす。

赤ちゃん入浴準備アイテム

 

バナナちゃん
バナナちゃん
『段取り八分仕上げ二分』ね!

 

ワンオペお風呂は怖くない!(入浴中)

さあ!準備ができたら、いよいよ入浴です。

①一人ずつお風呂に入れる

②待っている子の安全対策をする

③迅速に丁寧に洗ってあげる

①一人ずつお風呂に入れる

まず双子ちゃんのお風呂は安全第一に一人ずつ入れましょう!
沐浴の時期は特にママの手が完全に塞がってしまいます。
また、初めてのお子さんで沐浴の仕方など慣れていない時期にもう一人のお子さんが泣いたりすると、気持ちが焦ったりしてしまします。
まずは、ママ一人の時のお風呂は一人ずつ集中的に対応してあげましょう。

②待っている子の安全対策をする

ママ一人で赤ちゃんのお風呂を入れてあげる時は、待っている子の安全対策もしっかりしましょう。

脱衣場に余裕があれば、待機スペースを作ってあげてもよいですが、眠ってる時やご機嫌で待てそうな時は、寝かせる場所も落下の危険性のない床敷の布団などに移し、身の回りに窒息の原因となりそうな、ぬいぐるみや洋服など置きっぱなしにならないよう、対策をとってあげましょう。

日中、洗濯物を干したり、赤ちゃんと離れて家事する場合が多いなど、心配な時はベビーモニターを使ったりするのもオススメです。

私はお金節約のため、使っていないスマホにラインを入れて、赤ちゃんから離れる時はラインでビデオ通話にし、ワイヤレスイヤホンで音を聞いて様子を伺っていました。

LINEで赤ちゃんの様子を確認無料だし、起きているか、寝ているかリアルタイムで様子が分かる!

 

③迅速に丁寧に洗ってあげる

安全対策をしたら、いよいよ本題の入浴です。

【0~3カ月】赤ちゃんの入浴

1カ月健診までの新生児の時期は沐浴になります。

ごまおくん
ごまおくん
沐浴ってな~に?
バナナちゃん
バナナちゃん
産まれたての赤ちゃんはまだ細菌への抵抗力が弱いでしょう。だから、一カ月健診が終わる頃までは、大人と別の浴槽(ベビーバス)でお風呂に入ることよ!

沐浴は正式には泡で洗ってあげるみたいですが、私は産院で教えてもらった、沐浴剤を入れての入浴をオススメします。

沐浴は慣れないうちは難しく感じますが、沐浴剤での入浴は、石鹸のように泡だてたりしないので、すすぎや上がり湯も不要ですし、誤って赤ちゃんの目に泡が入ったり、手が滑ったりということもないので安心です。洗い方のコツをつかめば、とても簡単にキレイにしてあげることができるので、ママがワンオペで沐浴する時の必須アイテムだと思います。

通常は1カ月過ぎたら、大人と同じお風呂に入れますが、はまりあ家の双子ちゃん、小さすぎて、大人と同じお風呂はちょっと危険な気がしたので、3カ月頃までは沐浴を継続。私も慣れてきていて、その方が自分も楽に安全に入れてあげることができました。

 

 

【スキナベーブ公式】沐浴剤を使った入浴法

【4カ月~1歳過ぎ】赤ちゃんの入浴

はまりあ家の流れ

①二人同時にお風呂に入れる(暖かい時期のみ)
※ただし、冬場など寒さ対策が厳しい場合は、一人ずつ入れる

②一人はベビーチェアで待機(暖かい時期のみ)

③さささっと洗う。

④洗った子をさっと拭いて、保湿。洋服を着せておく。

⑤待っている子を洗う。(③→④繰り返す)

①二人同時にお風呂に入れる(暖かい時期のみ)

4カ月過ぎ頃から、ベビーバスを卒業し、いよいよ大人のお風呂へ。

緊張の一瞬…。

ギャー!!

そうなんです。はまりあ家の双子ちゃんは普通のお風呂にした途端大泣き!!

シャワーも大っ嫌いで、お風呂中ずーっと大泣き。

でもさすがにいつまでもベビーバスとはいかないので、毎日発狂の声が鳴り響く中、淡々と洗います。

②一人はベビーチェアで待機(暖かい時期のみ)

パパがいる時は一人がお風呂に入って、もう一人が受け渡しと連携できるので、浴槽につからせてあげていましたが、ワンオペ時はそうはいきません。二人いっぺんにお風呂場に連れていき、一人はお風呂チェアに座らせて、待機。

 

③さささっと洗う。

私のお風呂は後回しで、子供だけを入れます。

わが家のお風呂はTOTOのユニットバスを採用しており、浴室換気暖房乾燥機で冬場は暖房機を事前につけて浴室内を暖めておきます。また、床は独自の断熱クッション層が施されているので、畳のような踏み心地で、赤ちゃんをそのまま床に座らせても、ヒンヤリせず、痛くもないんです。これはとても良かったです。

TOTO ほっカラリ床のがぞう畳のような感触で、そのまま床に座ってもヒンヤリせず、柔らか。

また、浴槽の中にステップがついているので、小学校にあがるまではそこに座らせ、親子でゆったり入れましたし、沈み込み防止にもなり、便利でした。


引用:TOTOホームページより

④洗った子をさっと拭いて、保湿。洋服を着せておく。

ここからは時間勝負。洗った子は不機嫌だし、その泣き声を聞いて待ってるほうもだんだん不安になり、機嫌が悪くなります。でもここでひるんではダメです。
泣いていても、健康上の問題等なければ、歌をうたったり、声をかけながらも淡々とこなしてくださいね。

この時にバスローブなどがあると、一旦保湿クリームだけ塗って、バスローブを着せておき、後ほどもう一人の子が終ったら、いっぺんに肌着等を着せるというのが楽だし、湯冷めもしにくいと思います。

 

 

はい!やっと一人目が終わりです。

⑤待っている子を洗う。(③→④繰り返す)

そして、手順③~④を再度行う。

バナナちゃん
バナナちゃん
お利口さんに待てたね!

ワンオペお風呂は怖くない!(お風呂あがり)

さあ!最後の仕上げです!
お風呂からあがったら、すぐに保湿クリームを塗ってあげてください。

わが家は3人とも超乾燥肌。保湿を怠ると手足がガッサガサになってしまいます><!

また双子ちゃんは二人ともとんでもないでべそだったので、お風呂上りは当分でべそケアもしてました。(脱脂綿でおへそを押さえこんでテープをばってんにして止める)

2カ月くらで、ましなおへそになりました。

事前に準備した肌着等を着せて、完了です。

ちなみに私は寝る前の肌着のうえに着せる服はお兄ちゃん、双子ちゃん共に股の部分がスカートになっているタイプにしていました。
夜中のオムツ交換がグッと楽になります。

また、寝る時の肌着の上にはスリーバーを着せていました。
とても肌触りがよく、可愛かったので、お気に入りでした。

 

 

↑お気に入りのスリーパー。
自分の子供にも着せたし、好きすぎて、お友達にも贈りました。

ワンオペお風呂は怖くない!まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ワンオペとして記事書かせて頂きましたが、沐浴時期を超えた入浴をママが一人で毎日やりこなすというのは、かなり無理があります。

ママも無理をせず、周りの大人たち、もしくは子供で兄弟がいれば遠慮せず、協力要請をしてくださいね。

どうか世のパパ様、じじ、ばば様、ご親戚の皆様、双子育児に一つでも多くの手を貸してくださることを願っております。