子育て

【双子の夜泣き】効果があるのは?夜泣き対策アレコレ集めました!

ごまおくん
ごまおくん
はまりあちゃん、前回双子ちゃん子育てのお役立ちグッズ紹介してたけど、双子育児のお困りごと1位は夜泣きなのでは><?。
バナナちゃん
バナナちゃん
気づいちゃったのね…。夜中だし、周りも気になるし、泣いてる時間やたら長いし、こっちは眠いしね…。

そうなんです。夜泣きタイムは全神経を消耗させる、悪魔の時間だったのです。
しかもママだけでなく、下手すると、一緒に住んでいるご家族やご近所さま、皆の眠りを妨げ、時によっては、関係性を悪くさせる場合もあります。
そんな夜泣きについて、原因から対策、そしてどうにも泣き止まない時の過ごし方まで
ご紹介していきたいと思います。
目次に戻る▶▶

そもそも夜泣きとは?

夜泣きは6か月以降の赤ちゃんによく見られ、一般的に、ピークは7~9か月、ほぼ2歳までには終わるものとされています。大抵の赤ちゃんは、4か月を超えると夜にまとめて寝るようになりますが、寝ている時間に急に覚醒して泣き出すのが夜泣きの特徴です。

泣き方はさまざまで、グズグズ泣く赤ちゃんもいれば、火がついたように大泣きする赤ちゃんもいます。また、一度泣き出すとなかなか寝付いてくれません。また、夜泣きが続く期間や時間帯もそれぞれです。

引用:NHKエデユケーショナル「すくコム」より

…と、この通りいけば、ピークの数カ月だけがんばればいいの?と思ってしましますが、
そう簡単にはいきません。

実際わが家の双子ちゃんは小学校あがるまで夜泣きで悩まされました。

本当にいつまで続くんだろう…。

長ーい、長ーい闇の中にいるようでした。


目次に戻る▶▶

夜泣きの原因とは?

夜泣きって、いきなり始まるんですよ。ある日突然。だからお兄ちゃんの時は何かの発作ではないかと、とても心配しました。
だって、泣き方が尋常じゃないし、何をやっても泣き止まない。赤ちゃんはナゼ夜泣きするのか、その原因を探ってみたいと思います。

夜泣きの原因として考えられること

①不快感
・暑い、寒い、おむつが汚れてる、お腹が空いた。喉が渇いた、痛い、痒い…等

②日中の刺激
・人の多い場所にいった、びっくりした、怖い体験をした、たくさん遊んで疲れた…等

③睡眠の未熟さ
・お昼寝しすぎて目が覚めた、夢をみた、レム睡眠(浅い眠り)時に不快感があった…等

 

①不快感

これは良く言われてますよね。赤ちゃんはおしゃべりができないから、暑い、寒い、おむつが濡れてるなどを泣くことで訴えてきます。
赤ちゃんからのSOSですね。

②日中の刺激

生後6ヶ月の頃になると、人の顔を認識するようになり、それに伴い、脳も著しく発達する時期でもあります。この時期に、日中にたくさんの人に会ったり、強い刺激を受けると眠ってからも脳が興奮して夜泣きをすることもあるようです。

③睡眠の未熟さ

赤ちゃんのノンレム睡眠(深い眠り)とレム睡眠(浅い眠り)は、大人よりも短く約50分で繰り返され、割合は半々なんだそうです。理由としては、脳の発達を促すことと、日中に刺激を受けた情報を整理するために、レム睡眠により、脳が活動している状態を長くする必要があるからと考えられています。
大人と比べて赤ちゃんは浅い眠りになる、レム睡眠の回数が多く、眠りから覚めやすい。
この時に何らかの不快感や夢が影響して、ぐずってしまうことがあるようです。

①、②はよく聞いていましたが、レム睡眠がそんなに活発に行われていることは、はまりあも今回調べて初めて知りました!
これも成長に欠かせない過程なので、対策でなんとか乗り越えましょう!

目次に戻る▶▶

【夜泣き対策】まずはここから!定番5選

夜泣きの対処法は千差万別!わが家も3人おりますが、その子それぞれ泣き方もタイミングも対処法も違います。

また、きのうはこのやり方で泣き止んでくれたのに、今日は全く効かない><
なんてこともざらにあります。

はまりあも夜泣きに悩まされ続けた数年間…。本当にいろいろと試行錯誤しました。
正直何が正解か分からなかった。どれも即効性はなく、泣き疲れて寝たのか、対策が効いたのか…。

でもとにかく、たくさん情報集めていろいろやってみるのは大事だと思います。

バナナちゃん
バナナちゃん
「止まない夜泣きはない!」だわね!

バナナちゃんイイこと言う!早速対処法確認していきましょう!

定番中の定番

①授乳、抱っこ
②肌着、布団、オムツのチェック
③音を聞かせる
④遊ばせる
⑤外の空気を吸う

これらは、定番中の定番。もう皆さんすでに対策済みですかね。
プレママさんのために少し補足します。

①授乳、抱っこ

やっぱりなんといっても、まずは、コレが一番!赤ちゃんはママが一番大好き。
ママに包まれながらおっぱいをもらうことで安心してまた眠りにつくことができます。
また、寝る前にお腹を満たしてあげるのも夜泣き対策には効果的だそうですよ!

②肌着、布団、オムツのチェック

赤ちゃんは、おしゃべりができない分とても敏感。
夜泣きをしたら、授乳や抱っこをする前に下記を確認してみましょう!

汗をかいていないか
寒くないか
布団をかけすぎていないか
オムツはキレイか

汗をかいていたら、お着替えをし、オムツを替えてから、授乳や抱っこをしましょう。
赤ちゃんもスッキリ気分で次こそ良く眠れるかもしれません。
また、夜泣きを避けるための事前の準備として、寝る前にもこれらのチェックをし、対策してから眠ると良いようです。

③音を聞かせる

赤ちゃんが何かしらの原因で泣き、①や②をしてもらったものの、尚、泣き続けることがあります。その原因として、「寝ぼけ」も考えられますし、泣きすぎて、何で泣いているか分からなくなってる場合も考えられます。そんな時は気を紛らわせることで、収まったりすることも考えられます。

赤ちゃんが好きな音、楽しい音、落ち着く音など、その子に合わせて、音で興味を引いてみてください。有名なのは、TVの砂嵐の音ですよね。ママの胎動の音に近く、砂嵐の音で落ち着く赤ちゃんは多いそうですよ!

ちなみにはまりあ家の双子ちゃんで一番効果的な夜泣き対応法は、洗濯機(乾燥機)の音。ただ聞かせるだけではダメです。
もちろん、①、②を行った上で、カドルミーのニットスリングをW使いし、ずーーーーっと左右に揺れながら、とんとんとん…。音、揺れ、とんとんのいわゆるトリプル処方ですね(^^♪
時には1時間以上その状態のこともありました。

 

④遊ばせる

これもよくやりました!どういう時かと言いますと、本当に凄まじいぎゃん泣き!
何をやってもダメ。抱っこも反り返ってできない><
でも顔をよくみると寝ぼけてる?ひたすら泣いてるけど起きてない感じ。
だから、まず電気をつけ、大好きなアンパンマンをつけ、名前を呼びます!

「さくらんぼちゃーん(仮称)アンパンマンやってるよ!」

みたいな感じで^^;

テレビはあまり良くないかと思ったのですが、とにかく起こしたくて。
すると一回起きて正気になるとその後しばらく遊んでまた寝てくれたりします。

切り替え大事ですね^^

⑤外の空気を吸う

これは結構いろんな方がやっていらっしゃるようです。
中にはドライブに行かれる、アクティブな方もいらっしゃいます。

お兄ちゃんの時はこの「外の空気を吸う」パターンでした。

でも双子ちゃんだと夜中に簡単に外に出ることもできず><
だから、洗濯機作戦思いついたのかな^^;

夕方も夕暮れ泣きで双子ちゃん同時に毎日泣いていたので、洗濯機の回っていない夕方は、ベランダで泣きそうになりながら、夕日を見つめ、トントンしてました。

赤ちゃん抱っこ
目次に戻る▶▶

【夜泣き対策】ちょっとした工夫!番外編10選

ここからは、少し趣向を凝らした夜泣き対策番外編を集めてみました!

番外編
①【日中】早い時間に起こす
②【寝る前】母乳ではなく、ミルクをあげる
③【寝る前】入眠儀式を行う
④【寝る前】お腹をマッサージしてみる
⑧【寝る前】ママとパパそれぞれが一人ずつ見る
⑤【泣いたら】バウンサー、ハイローチェアでゆらゆら
⑥【泣いたら】バランスボールに乗ってゆらゆら
⑦【泣いたら】自転車でサイクリング
⑨【泣いたら】即席ギター
⑩【泣いたら】寝るまで待とうホトトギス

①【日中】早い時間に起こす

朝は7時頃までに起こして、夜は一緒の時間に寝るようにしましょう!
続けると体内リズムがついてきて、夜ぐっすり眠るようになるようです。

②【寝る前】母乳ではなく、ミルクをあげる

寝る前の授乳タイムは、消化の早い母乳ではなく、腹持ちの良い、人工乳に切り替えてみましょう!それだけで、朝までぐっすり眠ってくれる確率が高まります。
また、タイミングも大事。ミルクは常に2人同時にあげるようにしてくださいね。バラバラだと、起きる時間もバラバラになって、生活リズムが整いにくくなりますよ。

③【寝る前】入眠儀式を行う

寝る前をルーティン化して、入眠の合図にしよう!

  • 寝る1時間前にお風呂に入る
  • お布団に入ったら好きな絵本を読む
  • 子守唄を聴かせる

など、毎日決まったルーティンで入眠までのリズムを作ってみましょう!
そうすることにより、「寝る時間だ」と体が覚えていくようになるそうです。
また、寝る前はスキンシップの時間を取り、赤ちゃんとたくさん触れ合うことで、安心して眠りにつくことができるそうです。
静かで、安心して眠りにつける環境を整えてあげましょう!

④【寝る前】お腹をマッサージしてみる

泣いている理由の一つに、お腹の不快感の場合があります。
ガスが溜まっていたり、便秘や下痢気味だと、赤ちゃんも大人と同じように苦しくて泣くそうです。

最近「ウンチの出が悪いな〜」と思ったら、スキンシップを兼ねて、お腹を“の”の字に優しくマッサージしてあげてみてください。あら、不思議!ぐっすり眠ってくれたりします。

これって、今はまりあ家の子供たち(小学生)、成長痛で夜中泣きながら起きてくることがあるんですが、痛くて眠れない><!って大泣きしてるのに、痛いと言ってる箇所をさすってあげると、あっという間に眠ります。

赤ちゃんも小学生でも、ママの手は安心かつ、最上の癒し。寝る前のマッサージで、スキンシップを兼ねて、不快を取り除いてあげてくださいね。

⑤【寝る前】ママとパパそれぞれが一人ずつ見る

これは、パパさんの協力なくしては、なしえないのですが、双子ちゃんの場合はパパ、ママが部屋を別々にし、一人ずつ見るという作戦!
これ素晴らしくないですか?!一人が泣いたら、その子と一緒に寝ている方が面倒をみる。お子様お一人でしたら、日によって、交代制というのもアリですよね!
共働き夫婦だったらぜひ取り入れて欲しい作戦ですね。

⑥【泣いたら】バウンサー、ハイローチェアでゆらゆら

これも効果テキメン!毎回ではないけど、でもかなりの確率で寝てくれます。
ただすぐに泣き止むわけではないので、ぐずり泣きなどの軽めの泣きの時が良いかもしれません。
また、うちのように反り返って泣いてる時は落ちたりすると危険ですので、一旦落ち着かせてから、寝かせるようにしてくださいね。そして、そのまま寝かせると、落下の可能性もあるので、眠ったら、きちんといつものお布団まで運んであげてくださいね。

⑦【泣いたら】バランスボールに乗ってゆらゆら

この方法もめちゃくちゃいいな~!と思います。
人間が揺れるより、自然な感じでお腹の中にいる心地よさじゃないでしょうか。
ママもダイエットになるし^^、一石二鳥ですね!

⑧【泣いたら】自転車でサイクリング

泣いたら、サイクリングに行く!というツワモノもいらっしゃいました!
でもこれも、双子ちゃんの場合、パパさんの協力なしではやることはできません。

しかも赤ちゃんのうちは自転車のカゴや後ろのシートにも乗せれないですからね。
乗れる年齢になってからにしましょう。また、万が一眠ってしまった時に自転車から落ちてしまわないよう、万全の対策の上で臨みましょう!

⑨【泣いたら】即席ギター

スーパーの食品トレーに輪ゴムを3~4本張って、即席ギターを作っていらっしゃる方がいました!素晴らしいアイデアですよね!普段聞かない音がすると赤ちゃんがふっと気持ちが切り替わることがあります。他にも身近なものを使って、楽器作りしてみても楽しいかもしれませんね。

⑩【泣いたら】寝るまで待とうホトトギス

すみません。最後の最後に力技で^^
でもやっぱり、いろいろやったけど、寝ないことあると思います。なのに、無理やり寝させようとしても、ママも赤ちゃんも疲れるだけ。
でもおんぶや抱っこはしてあげたい。

結論、夜泣きタイムをお楽しみタイムにしませんか?

私はYouTubeやドラマが好きなので、現在は家事をしながらよく見たり、聴いたりしています。

双子ちゃんの夜泣き時期はWi-Fiがなかったので、ずーーーーっと赤ちゃんと向き合っていて、夜になると夜泣きが始まり、とてつもなく孤独で、時間も長く感じていました。

ママが気持ちよく、赤ちゃんが寝るまでの間一緒にいれるよう、ママの気を紛らわせることも立派な夜泣き対策だと思います。
寝ない、寝ないと思って、イライラすると、それが赤ちゃんにも伝わってしまうのか、余計に眠らなくなります。(これも私の話)

今はまりあが双子ちゃんの寝かしつけをするなら、絶対!脱衣場にスマホを持って行って、赤ちゃんが眠るまで、TVerやAmazonプライムビデオ、YouTubeなどを見ながら、揺れてると思います。

その際はワイヤレスイヤホン必須です!めちゃくちゃ便利です。
ワイヤレスイヤホンのおかげで、楽しみながら家事できてます。

AKIKI LEDディスプレイ付き Bluetooth イヤホン ワイヤレスイヤホン IPX7防水 Bluetooth5.0 akiki

価格:3,501円
(2020/10/13 22:58時点)
感想(2件)

<余談です>
これはワイヤレスイヤホンLOVEのはまりあが3代目にしてやっと出会った優れもの!
スマホから離れて、2Fから1Fに降りても、クリアな音声
私の耳にぴったりフィット!!(ちょうどよい大きさ)
お水に濡れてもOK!(何度か湯舟に落としてますが、全く問題なし!)

一度片方だけ失くしてしまったのですが、そんな時も大丈夫!
イヤホン単品かつ、片耳のみの販売もしてます。

ただし、別々に購入したイヤホンですと、ペアリングができないようです。そのため、残念ながら、両耳同時に聞くことはできなさそうですが、はまりあは基本片耳しかつけないので、そこも全く問題なしです。
(というか、イヤホンを失くさなければ、片耳問題は心配ご無用です)


目次に戻る▶▶

まとめ

夜泣きについていろいろな対応をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

はまりあ家の双子ちゃんは小学校手前まで夜泣きをしていたので、お兄ちゃんの時から合わせると、6年間、毎日寝不足で会社に行っていました。泣かない子は泣かないのに、夜泣きが酷い上にこんなに長いなんて…^^;

でもそれもこれも、小学生になり、夜泣きをしなくなった今となっては、良い?!思い出です。はっきり言って、あの過酷な日々の数日しか記憶に残ってないです。
なので、その頃の夜泣きや大変な状況をもっと動画に収めておけば良かったなぁ…と今回しみじみ感じております。

笑って話せるその時まで…。
目次に戻る▶▶

【赤ちゃんの寝かしつけ真実!】背中スイッチではなく、おなかスイッチ!赤ちゃんの寝かしつけの最大のナゾ!「背中スイッチ」。 背中スイッチとは、赤ちゃんを抱っこして寝かしつけた後、寝かせようとお布団に背中がついた瞬間に泣く現象のこと。でも実は背中ではなく、お腹が重要ということが最新の研究で分かったそうです。お腹スイッチのナゾとその対処法について記事にしてます。...
がんばり過ぎない育児グッズ紹介ブログ アイキャッチ
【がんばりすぎない!】双子育児で必須のおすすめグッズランキング5選双子育児ってどんな準備をすればいいの?初めての双子育児に悩めるママさんへ向けた、はまりあの経験にもとづく、かんばり過ぎない!双子育児のオススメのグッズをご紹介します。もちろん双子じゃなくても参考になる情報だと思いますので、ぜひご覧ください。...